庭とつみかさなること Garden and Stack
わたしの作品は、ただ、瞬間と呼ばれる時間と空間に属している。この場所は、わたしの時間のくみあわせと記憶の断片が積み重なった庭。わたしが花を庭で見つけたとき、わたしは誰がそこに置いたのか、あるいは、それがいつ現れたのかわからない。それはそこにあったのかもしれない。自然なものも、作為のものも、無意識のものも、おさまるべきところにおさまっている、庭のような作品。そしてそれはこれからも変化し続ける。作品は、わたしの未来を含んだ空間としてつくられる。
My aim is that my work just belongs to time and space called for at the moment. The moment seems like a garden that have stacked  combined times and fragmented memories. When I find a flower in my garden, I am not sure who put it there nor when it emerged. A flower might have been already. A natural thing, an artificial thing, an unconscious thing…the work such as a garden where they have stacked shows a state of things. And it will continue to change for ever. My work includes the future; the act is structured as space.
Mayumi Enoki,  2017




Back to Top